わたしのお腹の中にはドラマーがいる。妊婦っぽい体験をした。

わたしが妊娠生活で気をつけているのは、食生活、しんどくなったらすぐ休む、くらいでまだ話しかけとか胎教音楽とか気をつけていません。(もう8カ月なんだけど…笑)

夫と二人で赤ちゃんのことを話していると胎動がどんどこどんどこいいだすので、「自分のこと話されるの好きやな〜」と笑ったりしています。

あと起きた時にどこどこやっていたら、「いや〜元気だねえ〜」って言うくらいかな?

これも話しかけの一部になるのでしょうか。

「ママだよ〜パパだよ〜」って話しかけたり、絵本読み聞かせみたいなのはやってないけど、まあ自分の話になるとフィーバーして激し目バンドのドラム並みのビートを刻むあたり、ちゃんと聞こえていて「聞いてんで!聞こえてんで!」ってアピールしてるのかもしれません。笑

なんかエピソードで、名前の候補を呼んだら「あ、お腹を蹴ったわ!」みたいな。「あなた!この子はヒロシよ!」みたいな。

そんな感じがイメージとしてあったのですが、現実はものすごいパッションドラマーでした。ちびごりらがいるみたいです。笑

音楽もわたしの好みのやつをガンガン聞いてます。同じような趣味になってくれたら楽しいから。

とまあ、そんな感じで過ごしていたのですが。事件は昨日お風呂に入る時におきました。

妊婦あるあるだと思うんですけど、赤さんの体勢の具合でお腹がちょっと左右どちらに寄っている時があるんですね。

いつもは「今日は若干、左に寄ってるなあ」くらいなんですけど、昨日はあっきらかに右に寄ってたんです。ぽこってでっぱってました。

で、わたしは出来心でそれをそっと指で押して戻したのです。すーっとちゃんと戻って、「おお〜!」なんて感激していたらすぐさま

「おいてめえ、びっくりしただろ!!!!」

とでも言わんばかりに、どこどこどこ!ってやり返してきました。

いや〜、これはかわいいですよねえ。なんか初めての直接的なコミュニケーションみたいな。

夫に話したら大変喜んでおりました。

今日も平和でございます。


フリーザが「ギリギリchop」叩いてみた。

おすすめの記事