ちなつログ

ゆれる、ちなつ

お裁縫道具箱を作ったらなんか愛おしくなった

こんばんは、ちなつです!

裁縫は結構苦手です(T_T)

ボタンつけとほつれを直すのは、ギリ出来る!な程度。

ところで、小学校の時って家庭科の授業でナップザックを作りますよね。

でもわたしミシンが本当に下手くそで、みんなよりすごく遅くって…。

ミシンの下糸を上手く通すことがまず出来なかったんです。

それである日何を思ったか家庭科室にこっそり入って、こっそり進めてみんなに追いつこうとしたことがあります。

真面目なんだかなんなんだかだね(笑)

普段は授業の時以外は鍵がかかってたと思うんですけど、たまたま開いてたのか、どうだったか…

もはやよく覚えてないんですが、とにかく一人だったんですね。

で、結局というかやっぱりというか上手に下糸が通せなくて

しかも!

どうしてだかボビンケースが取れなくなるという緊急事態にみまわれてね…。

ボビンケースってこんなのね。


ブラザーの純正ボビンケース(半回転釜用)

やっばいよー!怒られるよー!

と焦りまくった幼き日のわたしは力技でボビンケースを抜き取ることにしました。

まずはものさしとか、チャコペンとかでガンガンやったけどなかなか取れない。

もう、このまましまっちゃうか?

でも次の授業でボビンケースを持ってなかったら怒られるし、やっぱり取るしかない。

そして閃いたのです。

ハサミで挟んでテコの原理でとっちまおうと。

(※危険すぎるので絶対ダメな行為だよ)

そこから、裁ちばさみをガチャガチャ言わせて格闘すること数分…

スポーン!

とれたー!!!

そして取れたボビンケースが

シュッ!!!!

左頬の下をかすめていったー!

その後どうなった…?

そう、もちろん 流血した!

わりと残る傷跡になり、数ヶ月の間

f:id:Agent_c:20180713211145j:plain

こんなワイルドな子どもになっていました。

 

と、そんな昔話を思い出したところで本題。

そんなわたしも、大人になってからも一応裁縫セットを持っていたんです。

ちっちゃい最低限のが詰め込まれてるやつ。百円のやつね。

なんですけど、最近使おうと思ったら見つからなくって。

仕方なく百均にいって裁縫コーナーを眺めてたんですよ。

そしたらなぜか、この前お昼のテレビ番組で篠原ともえさんがマイお裁縫道具箱を持ち歩いていたのを観たことを思い出しまして。

わたしも、お裁縫道具箱欲しいな〜。

などといっちょ前に考え

f:id:Agent_c:20180713205136j:plain

ちょっと買ってみた。

ただの箱。

そして最低限のものを詰め込んでみた。

f:id:Agent_c:20180713205153j:plain

あれ、なんか結構いいんじゃない?

わりと結構お裁縫道具箱っぽいじゃない?

この針山(針山でOK?)、だっせえな〜と思いながらも

お裁縫道具箱っつったら欠かせないだろう!

と思って買ってきたんですが。

なんか

f:id:Agent_c:20180713232838j:plain

だんだん

f:id:Agent_c:20180713232851j:plain

愛おしくなってきた。

見ているうちに、とても愛おしい気分になってきたんです。

なんか昭和を感じる。

まあ、やるのはボタンつけぐらいなんですけどね…。

もちろん持ち歩きませんし。

でも、お裁縫道具箱を持ってるなんて、なんだかレディじゃない?

レディの敷居どんだけ低いんだよって話だけど。

でもさあ、今は下糸を通したりしなくても使えるミシンが主流なのでしょ?

それならなんかちょっと欲しい…。

(いったい、何を縫えるというのか?)

うーん、やっぱりわたしはこの程度のお裁縫道具箱でよいと思います(笑)

かわいいまち針くらいなら買ってもいいかもね(´ー`)

それでは!
ばい!

スポンサーリンク