ちなつログ

ゆれる、ちなつ

お弁当を詰めるのが面倒・苦手な人、小さい容器に小分けすると楽ちんだよ。

f:id:Agent_c:20180913223520j:plain

お弁当は夜のうちに作っておいて、朝にごはんを詰めるだけにしておく!

こんばんは、ちなつです。

お弁当を詰める作業がめんどくさい、苦手だって人、いますか?

はい、わたしがそうです(=゚ω゚)ノ

めんどくさがりのわりに凝り性なので、お弁当箱という枠の中にどうおかずをおさめていくか…、詰め始めると結構時間かけちゃうんですよね。

たまにならいいけど、毎日だとしんどい!作るのがおっくうになってくる…。

さらにお弁当って持っていけるおかずが結構限られるじゃないですか。

夜ごはんのおかずをお弁当にしている人は多いと思うけど、汁っぽいものとか持って行きにくいですよね。

でも、楽したいじゃん?

あわよくば、ちょっとは小奇麗なお弁当にしたいじゃん?

そんな人に持ってこいのお弁当の詰め方を今日は紹介していくよ。

スポンサーリンク



―目次―

お弁当箱は小分けにするのが圧倒的に楽

このように

f:id:Agent_c:20180913215408j:plain
野菜がなくない?

3つくらいに分けるのがお勧め。

スペースがせまいので、凝りようがないんですね。適当に入れたら、もうスペースが埋まってる。

これがわたし的にとっても楽です。

行楽?みたいな感じですが、それも結構いい。ちょっとうきうきできるじゃない?笑

お弁当を詰めるのが面倒なのって、隙間なく詰めないといけないのが大きいです。

でもこうやって小分けにすれば、一品をどーんと放り込んでおしまい。(今日はさつま揚げを炒めただけのものを入れました)

下に、この詰め方のメリットを上げていきますね。

メリット①汁っぽいものも入れられる

例えば夜ごはんに作った肉じゃがなんてのは余裕で、わたしは麻婆豆腐すら入れちゃいます。

ひとつの容器にひとつのおかずだけなら、味が混ざることも、お弁当箱の中でぐちゃぐちゃ、なんてことも避けられますから結構チャレンジしてる(笑)

果物がおかずと一緒に入っているのが嫌なので、小さいサイズのものも揃えています。

メリット②冷凍しておいた作り置きおかずをそのまま持っていける

例えば、きんぴらとかね!

まず、容器は100円均一で3個セットみたいなやつを、多めに買っておきます。

お休みの日に作り置きおかずを大量に作って、容器に詰めて冷凍庫に入れておくと心が超~楽になります。

疲れてる日は、今日はせいぜい卵焼きとウィンナー焼くくらいしかできんわ…ってことあるじゃないですか。

わたしはそんな時、冷凍庫を覗きます。

「あ、きんぴらある!!!助かったー!!!」

となるわけですよ(笑)

それだけあれば、立派にお弁当だし、ちょっと寂しければもう一つ容器を増やして冷凍からあげなりミートボールなり詰めていけばもう完璧。

冷凍されてるので、保冷材替わりにもなってしまう優れもの!!

あと、旦那さんや彼氏、子どもが帰ってくるのが遅くても、お弁当箱を出し忘れてても、お弁当を詰められる。

これも結構、楽ちんですよ!

安いので匂いがついたり、色がついたりしたら、すぐ捨てられるのもいいです。

メリット③ なにより詰めるの楽過ぎる、のにちょっと頑張った風に見える。

一品ドーンと入れて終わりにもできるし、多くても3品くらいまでしか入らないのでおかずレイアウトに迷うこともない。

これはやってみたら、実感してもらえると思う。

しかも、小分けになってることにより実際の労力より手をかけてる風に見えたり…?(´∀`)

彼氏がお弁当を職場のパートさんと食べた時に

「まめな彼女ねえ~!(´ー`)」

とほめられたらしい。(よっしゃ、やったぜ!)

色味がないのは、ピックやカップ、ばらんで誤魔化します!

デメリットは言わずもがな…

もちろん、お気づきかと思いますけど洗い物は増えます。

でもそれを差し引いてもこの方法は楽なので、わたしは基本はずっとこれでいこうと思っています!

マカロニサラダを作りすぎた時は、とろけるチーズをのせて置いて、会社でチンして簡易グラタン風にしたりね!

レパートリーも増えるんですよ。とっても楽なのに!

まとめ

もし、気になった方はぜひ試してみてくださいね!

万が一この方法が合わなくても、小さいタッパーが増えるとなにかと助かるので損はなし(笑)

それでは、このへんで!

またね~(=゚ω゚)ノ

スポンサーリンク