ちなつログ

ゆれる、ちなつ

文章を書くことが好きならクラウドソーシングはやめておいた方がいい

f:id:Agent_c:20180927190734j:plain

こんにちは、ちなつです!

今日は書きたいことを、書き散らしていくだけの記事になりそうです。

最初に責任逃れさせてもらうと、これは完全にわたしの個人意見なので信憑性があるかないかは自己判断でお願いします(・.・;)

スポンサーリンク



―目次―

文章を書くことが好きならクラウドソーシングはやめておいた方がいいわけ

まず、わりに合わないからです。

報酬が。

時間に対してもですし、それより辛いのは精神の方。

クラウドソーシングで文章を書こうと考えるのって大体は

文章書くの好きだし、パソコンあればすぐ始められるし、誰とも会わず自宅で出来るし…

といった考えからですよね。

わたしもそうでした。

以下、以前わたしが考えていたことを書いてみます。


一文字1円以上の仕事だけ受けようっと(諸説ありますが、一文字1円貰える案件はいい方だと思います)

タイピングはまあまあ自信あるし、文章や構成を考える時間を入れて低めに見積もっても時給800円くらいにはなるかな。

ゆくゆくは時給1000円は目指したいところだね。

8時間×800円で、一日6400円か…。

まあ、好きなことを家でやろうっていうんだから週に6日くらいやって、たまには1日に12時間くらいやったら…、ぎり生活できるくらいにはなるだろう。


なりません。

なりませんから。

まじめにやってたら、時給300円くらいです。

しかも一日8時間もやるなんて、メンタルが持たないと思います。

次は、その理由を書いていきますね。

下調べから始まる

だいたいそうです。

クラウドソーシング系のサイト、個人でライターを雇って案件を回している人、のもとでウェブライティングの仕事をしたことがありますが、案件を貰ったらまずは情報を集めることから始まります。

もちろん取材の費用はでないし、そんな時間もないのでネットで情報収集をすることになります。

言い換えれば、ネットで調べてかけるような案件がほとんどということです。

この時点で、文章を書くことが好きな人なら、というか普通の人なら『?』になると思います。

もうすでにネットに出回りまくっている情報を、ネットに載せるためにまた書くの?

興味がある内容だったら視点や切り口を変えて…などできるかもしれませんが、ルールやキーワード、文字数がガチガチに決まっているのでそういう気持ちは湧いてきません。

そもそもみんなが興味あるような内容だったら、書く人がたくさんいるので単価が激安になります。(美容系とかね)

つまり、お金のためには対して興味もないことをネットで調べまくってすでにある情報をコピペだと分からない程度に誤魔化して文章にするスキルが必要、ということです。

ネットで検索すると、言い方が違うだけで同じような構成、内容のものばかり出てくるのは、こういう小細工コピーペーストが大量生産された結果だと思います。

ルールが細かい。あと、仕様変更は修正じゃねえ。

文章の雰囲気や、NGワード、信憑性のない情報は書かないこと、主観は交えないこと、この辺はそりゃそうだなと思いました。

それと、SEOの観点からか、キーワードを見出しに2つ以上いれること、文章全体で○回以上入れること、などもありましたね。

この辺からげんなりしてきます。

文字数は何文字以上何文字以内。同じ語尾が連続しないようにすること。(細かいと一文は○○文字程度で。体言止めはNGとか)

他のサイトで探してきた情報をこねくりまわして、このルールに沿ったものにしていく作業が続きます。

あと、納品した後や納期ぎりぎりに平気でキーワードの変更や、見出しの方向性の変更をしてくるクライアントもいます。

修正して下さーい、って感じで戻ってきます。

仕様変更は修正じゃねえ!

もちろん、追加の報酬はなしです。

スポンサーリンク


画像を探すのもライター

記事に定期的に挟まれている、箸休め的な画像。

あれを探すのも仕事のうちに含まれています。しかも結構ルールが決まってる。

めんどくさい、の一言に尽きる作業。

画像サイトって結構重たいし、ぴったりの写真ってなかなか見つからないしでとにかく時間がかかります。

そんなこんなで時給は300円

しかもストレスフル。

やりたくないことを一日8時間こなしても2400円。税金も考えないといけません。

どうせやりたくないことをやるんだったら、普通に働いた方がましです。

文章を書くのが好きな人は、自分の書く文章に多少の愛着というかプライドを持つと思うのですが、それは砕け散るでしょう。

なんにも面白くありません。

実際に文章のクオリティなんて求められていないものがほとんどなので、本なんか人生で3冊くらしか読んだことないぜえ~?くらいの人が適当にやった方が報酬に見合った記事が完成していいかもしれません。

最初はこんな時給でも、文章力をつけるための修行の場を頂いていると思って頑張る!

と言っている方をたまに見かけますけど、この独特な場所で通用するための文章力なら、わたしはいらいないです。

良心的な会社もあったので紹介しておく

とは言っても、小さな子供がいるとか、病気で働きにいけないとか、やむを得ない事情の人もいると思います。

そんな方はライターステーションならいいかもしれません。

わたしもここでお仕事を貰った事がありますが、担当者の人が電話やメールで対応、アドバイスをしてくれるし、資料も渡してくれたし、挑戦しようと思うなら電話で企業の人にインタビューして記事を書くこともできました。(企業のHPの文章作成だった)

報酬もそれなりによかったですし、細かい言い回し程度の修正はライターステーションの人がやってくれました。

ただ、報酬を貰えるのが2か月先になるのが当時は痛かったんですけどね。

初めの方に挑戦したところだったのですが、その後の経験からすごくまともなところだったんだなと今は思います。

納品したあとに、「ちゃんとした文章を書いてくださってありがとうございます、驚きました」のようなことを言われた記憶があるので(笑)

そんなに最初の敷居も高くないかと思いますよ。

writer-station.com

あなたがここでライティングを始めてもわたしには全く利益にはならないです。

完全に個人的な、もしやるならここがいいんじゃない、というおすすめなのでよければ挑戦してみてください(゚∀゚)

わたしがやっていたのは4、5年前の話なので実際に自分で確認してみてね!

でも一番はブログがいいと思う

文章が好きで、自分の書いたものが好きなら、ブログほどいいものはないと思います。

どんな文体でもいいし、何文字書いてもいいし、キーワードなんて適当でいいし。(ちゃんとやっている人はやっている)

もちろん、結果が出るまでには時間がかかりますけど、1年とちょっとブログをやっている今


ブログは資産

の意味が理解できてきました。

わたしはメインでコスメブログを好き勝手やっているんですが(毎日更新もしてない、50記事くらいのブログ…。メインなのに)、お小遣いくらいにはなってます。

www.nazousa.com

今日こっちで書いた記事の書き出しなんて、「うわ、顔中ラメ散らかしてるやん…!」なのでね。

ブログって何書いてもいいので(広告を貼るなら最低限のルールはあるけど)、表現の自由!って感じでね、わたしは大好きです。

真剣に取り組んでオリジナリティのある記事をたくさんを書いたら、わたしなんかよりちゃんとした結果が出ると思います!焦らなければ!

そもそも、クラウドソーシング稼げるよ!って言ってる人、ブログで書いてません?

始めるならこちらから、みたいな。

そう。つまり、そういうことやん?(゚∀゚)

そういう成果型のアフィリエイトを上手くやる自信がなくても(わたしはない)、アドセンスみたいなクリック型の広告もあるし、文章書くのが好きでお金にも繋げたいなら、ブログがいいと思うよ!

結果でなくても単純に楽しいし(笑)

まとめ

というわけで文章を書くことが好きな、これからなにか書き始めようと思っている人に向けた記事でした。

もちろん、クラウドソーシングにもライターを尊重してくれる依頼主の方もいるとは思うのですが、大多数が書いたような感じではないかなと思います。

今はお仕事受けられません、というマークを出していてもどんどん仕事の依頼をしてくる方が多いです。

「数打ちゃあたる」のような雰囲気が蔓延しているように感じます。

ブログにせよ、クラウドソーシングにせよ、お金を稼ぐための手段にすぎないんだぜ、ってタイプの人にはぬるいな~と感じられるかと思いますが、好きなことでお金も稼ぎたい人にはその過程も大切だと思ったので書きました。

なにはともあれ、自分の生み出した文章が世にでるのは喜びです。

それでは、また!

スポンサーリンク