ちなつログ

ゆれる、ちなつ

集中力と机の位置【集中できない人は逆思考でいこう】

集中力って続かないし、まず取り掛かるのが難儀なんですよね…。

こんにちは、ちなつです!

机の前に座るのって最初にして最大の難関ですよね!

わたしは現在書くことを仕事にしているのに、毎日すっと机の前に座ることができなくて、そんな自分にいらいらしていました。

そこであれこれ試してみた結果、自分なりの答えに辿りついたので書いておこうと思ったわけであります。

テーマとしては机の前に座るという最大の難問の乗り越え方、と『集中力と机の位置』についてです。


スポンサーリンク





やる気をだす方法はまず始めちゃうこと、とは言うけれど…

机に座ってパソコンを立ち上げるなり、ノートを開くなりすれば勝手にやる気はわいてくる!始めちゃうことがやる気を出す方法だ!

とはよく聞くけれども、そのやる気を出す方法をやる、やる気がないわけで。(完全なるダメ人間)

なのでわたしは考えてみました。

なぜ机に座りたくないのかと。

どうやったらとりあえず机の前に座ることが出来るのかと。

そして、机に座っても楽しければ座るよなあという結論に辿りついたのです。

テレビの真ん前に机を置く暴挙

今までわたしは壁に向けて机を置いていました。

それをやめてテレビの前に大胆に移動。

f:id:Agent_c:20190123193053j:plain:w250
お洒落感ゼロなうえに生活感あふれるアングルでごめん

ちょっとホラーチックになってるけど、映ってるのはあいみょんですね。

あいみょん絶対流行ると思ってました!ほんと、ほんと!

あ、話がそれてしまいました。

机が真ん中向いてるなんて変じゃない?と思う人もいると思いますが結構違和感なく配置できます。(と思ってる)

f:id:Agent_c:20190123192842j:plain
こんな感じ

社長室の机とか入口を向いてますよね、絶対に壁向いてないですもん。わたしが向いてるのはテレビですが。

それに前に読んだ本に、後ろに壁があった方が人間は本能的に安心するから仕事や勉強に身が入りやすいって書いてあったのを覚えてたんです。

あと、成功者の机は壁じゃなくて窓とか部屋を見渡せる位置に配置してるってことも書いてありました。

それを知っていたのに何故壁に向かって置いていたのかというと、部屋を広く使うためと、誘惑に負けないためです。

壁を向いていたらテレビも本も見えないので、仕事をするしかないです。

でも、仕事をするしかないから、机に座らないのだと気が付いたのです。(しっかりやれよとは思います、思いはします)

でもでもだって、壁向いてたってつまんないんです。

音楽をかけたり、ラジオをかけたりして気分をあげようとはするんですけど、なんか違うんですよね~。

わたしはできることならYoutubeでMVを流したり、ホラーゲームの実況を流しながら仕事をしたいのです。

集中できないだろうなと思いながらも、いつまでも机に座らず時間を無駄にするよりいいだろうと、思い切ってこの配置にしてみました。

なんか案外集中できちゃう

取りあえずYoutube見てしばらくぼけっとしていてもOKと決めているからなのか、むしろ机に座るようになりました。(テレビが一番よく見える特等席に机を置いてますからね)

部屋に対する机の向きがいいのか、好きな音楽がMV付きで流れているのがいいのか、あきらかに手が進むようになったのには自分でも驚きです。

さすがに観たことない映画を流すとか、興味のあるテレビ番組を流すとかは気になっちゃって駄目だと思います(笑)

何回も見たお気に入りのものを流すのが、ほどよく気分よく仕事や勉強をはかどるらせるコツです。

ホラーゲームの実況は見どころ(怖いところは一瞬で、あとは不気味~で動きがないことが大半)がほとんどなくて、実況者の人の声も大抵落ち着いている、というのがいいんだと分析しています。これは好みかと思いますが。

カフェの雑音が無音より集中しやすいとも聞きますから、それに近い状況になっているのかもしれません。

とりあえず9割は音楽を流してますね。

たまにノリノリになりながら、なんなら歌いながらキーボード叩いている痛い奴になってます(笑)

まとめ

というわけで、机に座らないよりは”ながら作業”でも座った方がいいじゃないというのがわたしの結論です。

そしてこれが案外集中できたりもすると…。

机の位置も結構重要だと思います。壁に向かった机で携帯でYoutubeを流しても、やっぱりなんか違ったので。

さらに、テレビで何か流れてるのがいいのかもしれないです。

テレビでYoutube見れる環境じゃないんだよね~って人は、お気に入りの映画とか録画した歌番組とかでもいいかも。

とはいえ、わたしみたいに簡単に動かせる机の人ばかりじゃないかもしれないですね。

そんな人は今のしっかりした机はそのままに、気分転換用の机としてもうそのままこの机をおすすめします(笑)

このタイプの机でAmazon最安なので!のわりに丈夫だし。

下の記事に軽く紹介書いています。

小スペースにブログの執筆環境を整えた!ミニ書斎~( `ー´) - ちなつログ

この記事に辿りついたあなたが、少しでも集中力を発揮できることを願っております。

逆思考で頑張りましょう、同志よ!(勝手に)

スポンサーリンク