ちなつログ

ゆれる、ちなつ

ブロガー冥利に尽きる出来事。

f:id:Agent_c:20191107195336j:plain

ブログだったり、委託で書いたお仕事の文章だったり、小説だったり。

それがお金になったり、シェアしてもらったり、も当然とても嬉しいことなのですが、それ以上に嬉しいのは個人的なレスポンスを貰った時です。

わたしはブログを3つやっていて、それぞれ自分が経験したことをベースに記事を書いています。それが誰かの役に立ったと実感する時が一番、文章を書いていて良かったなあと思います。


先日、そのとっても嬉しいことがありました。

同棲を経て結婚した旦那との別れ話をもとに書いた記事を読んで、無事仲直りができたというお礼のメッセージを頂いたんです!

douseichannel.com

▼こちらが頂いたメッセージ
f:id:Agent_c:20191107195302j:plain

こういうことがあるともう、心が「うわーっっっ」と舞い上がります。普段省エネで生きているので、わたしの身体は急なことにびっくりしていると思います。

検索で上位をとったり、シェアしてもらったり、は"役に立つ記事"なのですが、こうやってたまに個人的にレスポンスをもらえるのは"誰かの心に寄り添うつもりで書いた記事"だったりします。

そもそもわたしが、文章を書きたい!と思ったのは、誰かの心を助けたいという気持ちからだったので(なんだか立派な理由でしょ~)、それが少し叶った気持ちになるんです。

わたし自身、誰かが書いた文章で心がほっとしたり、涙が出てすっきりしたり、したことがあります。だいたいは共感を得て安心した時です。だからわたしも、誰かが共感できる、そんな記事が書きたいなと思っています。

わたしの文章は合理的・理論的な方から見ると、少々知性がなく、感情的だと評価されることがあります。

でもわたしはそんな自分の文章が好きだし、むしろ、あえて難しい言葉は抜きで柔らかくなるように書いています。

ブログでも、小説でも、気に入って読んでくださる方はそこを感じて褒めてくれたりします。わかる人にはわかるんじゃい!と勇気をもらえます(笑)

まとまりがなくなりましたが、ブロガー冥利に尽きる出来事と、ついでに文章への思いを少しぶちまけてみた記事でした。

それではまた!